忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/08/24 19:28 |
膀胱がん治療
病期がT2~T4の場合は、膀胱全適除術を行います。これは読んで字の如く、膀胱およびがんを含む全てのリンパ節、隣接器官を摘出する手術です。
T2では経尿道的切除術で治療することもありますが、50%以上の頻度で再発して他の臓器に転移してしまうことがあるため、膀胱全適除術が最善です。
昔は膀胱の一部で提出する手術である、膀胱部分切除術が行われていましたが、術後の再発転移が多いので最近ではほとんど行われていません。
ただ、この手術は膀胱のほとんどが無傷で残ることから、この手術から回復後は普通に排尿することが可能ではあります。
T3~T4の場合は膀胱全適除術だけでは治療成績が極めて悪く、5年生存率は30%以下です。
そこで膀胱全適除術の手術前後に抗がん剤の投与を併用する治療法も試みられています。
膀胱全適除術は前立腺を含め、膀胱を全て摘出する手術ですから、術語は正常な排尿ができなくなるので、尿路を新たに作ります。
これは尿路変更術という手術です。これによって男性はインポテンツになります。術式によって防ぐことも可能ですが、インポテンツは回避できても射精はできなくなります。
PR



2008/10/06 12:53 | Comments(0) | TrackBack(0) | 膀胱がん治療

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<膀胱がん治療 | 膀胱がんHOME | 膀胱がん予防>>
忍者ブログ[PR]