忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/19 01:28 |
膀胱がんの種類
膀胱がんの種類は大きく分けると三つになります。一つ目は乳頭がんとも言われ、特徴として表面がマッシュルームかカリフラワーのようにぶつぶつができます。
これは膀胱の内側に突き出すように成長しますが、成長してもがんが浸潤しないで粘膜層に留まっているので治療は容易です。
この乳頭状がんは全膀胱がんの70%を占め最も多い症状です。しかし進行すると粘膜下の筋肉層に入り込むこともあり治療が困難になります。次は上皮内がん、上皮内がんは早期であるが性質が悪く、コケのようながん。これは盛り上がらず粘膜層に沿って水平にばら撒かれたように広がるがんで進行は遅いが放ってておくと粘膜の下の組織にも浸潤します。
3つ目は非乳頭状がんとも言われ、がんがこぶのように盛り上がったり、侵潤性で転移の早い悪性度の高いがんです。粘膜の内部で成長して粘膜が腫れたような状態になります。
また膀胱の周辺では腎臓から膀胱へと尿を送り込む尿管にもがんが発生します。
膀胱がんは治療後の生存率が高く粘膜層に留まっているときに治療すれば生存率は80%以上です。
でも発見が進み他の器官に転移すると5年生存率は90%と少ないようです。
PR

2008/10/11 10:16 | Comments(1) | TrackBack(0) | 膀胱がんの種類

| 膀胱がんHOME |
忍者ブログ[PR]