忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/08/24 19:21 |
膀胱がんの原因
膀胱ガンの原因は、さまざまな要因が考えられ、一つに断定する事はできませんが、喫煙者は非喫煙者の2~3倍の発生率であり、男性の50%以上、女性の30%の膀胱ガンは喫煙のために発生するとも言われており、膀胱ガン発生の最大の原因です。タバコが悪いことは間違いないようです。

他の要因として、膀胱結石を持っている患者に膀胱がん発生することがまれにあります。

エジプトではビルハイツ住血吸虫と言われる病気の患者に膀胱がんが高頻度に発生することが知られています。これは膀胱が長期間、住血吸虫によって慢性的な刺激を与えられることが原因とも考えられています。

また特にアニリン系の色素など芳香族アミンという化学物質、代表的なものにベンチジン、ナフチラミンを扱う職業に従事する人に膀胱ガンが多く発生することは19世紀末から指摘されていたのですが、現在はそれらの発ガン物質と膀胱がんの関係が証明されたことにより製造使用が禁止となっています。

また薬物としてはシクロホスファミド(抗がん剤)フェナセチン(解熱鎮痛消炎剤)などによって膀胱がんが誘発されるとも言われています。

他は子宮ガンに対する放射線療法、緑黄色野菜の摂取不足、高蛋白質食、ぜんまい、わらびの摂取も膀胱がんの危険因子とされています。

逆に水分を多く摂取すると膀胱ガンの発生頻度が低下するとも言われています。
PR



2007/10/05 18:10 | TrackBack(0) | 膀胱がんの原因

トラックバック

トラックバックURL:

<<膀胱がんとは | 膀胱がんHOME | 膀胱がんの症状>>
忍者ブログ[PR]