忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/16 10:09 |
膀胱がんの症状
膀胱がん初期症状としては、血尿、がん部のしこりと痛みの3つです。最初の症状は、ほとんど痛みを伴わない血尿で断続的におきます。

血尿は長い場合は一年以上続きます。そして進行の度合いが深まると頻度が増します。膀胱がんは他のがんと比較しても早期より症状が起こりやすいのが特徴的です。そして発生した部位により排尿通、排尿困難を伴い、膀胱炎を併発する場合でも、それらの症状が起こります。

それに通常の膀胱炎に比べて抗菌剤の内服をしてもなかなか治りません。また、上皮内がんでは排尿痛、頻尿が主症状であることが多く血尿は伴わない場合も多く見られます。

がんが進行して膀胱壁内に深く浸潤したときも血尿や排尿通が伴います。また、がんが尿道口の出口に浸潤した場合は、尿の通過障害を起こし、尿管が拡張してくることがあり、これを水腎症と呼びますが、 わき腹や腰も痛むようにもなります。

いずれにしても異常な出血があった場合は膀胱がんの可能性を疑い、すぐに検査を受けましょう。
PR

2007/11/07 19:59 | TrackBack(0) | 膀胱がんの症状

| 膀胱がんHOME |
忍者ブログ[PR]