忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/06/26 15:53 |
がん予防
がんの予防法として、まず挙げられるのが禁煙です。日本人の全がんの2割以上、

肺がんの少なくとも7割、喉頭がんの9割は喫煙の習慣が影響して起こっていると言われています。

特に喉頭がんは、タバコの煙がダイレクトにのどに当たるのでとても危険です。

喫煙しなくても周囲の喫煙者の影響で肺がんの危険度は2~4割増加します。
ただ喫煙者で15年間禁煙すると危険度は徐々に低下し並のレベルまで低下するようです。タバコを現在吸っている人も15年止めることができれば普通の状態に近づくということです。

また、飲酒の習慣もがんの危険度を高めます。特に上部消化官がんの危険度を高め、これに喫煙習慣が重なると危険度はさらに数倍に高まり食道がんでは30倍以上となり、口腔がんや咽頭がんも同じような傾向を記します。

他のがんの予防法として健康のために運動することは全てのがんの危険度を低下させます。
一方運動不足は食事による高カロリー摂取とともに肥満を招く要因となります。

これは乳がんや子宮体がんなどのようなホルモン関連のがんの危険度を高めます。そこでがん予防のためには脂肪やカロリーの摂取を抑えて軽く汗を流す程度の運動が必要なのです。
PR



2008/10/06 21:25 | Comments(0) | TrackBack(0) | がん予防

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<がん予防 | 膀胱がんHOME | がんにならない食生活>>
忍者ブログ[PR]