忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/08/24 19:27 |
がん予防
人は他の生物と比べて異例に長生きする生物なので、がんになる確率も非常に高くなる宿命を持っています。長生きをすれば当然がんになる可能性も高まるのです。
その確率ですが中高年になってから加速度的に増えます。
ですから若いときから生活習慣を正すように心がけて、がんになる年齢を少しでも遅らせる努力が現時点でのがん予防の基本姿勢となるのです。
まず認識として、がんは生活習慣病であることを知り、タバコなどのがんになる危険要因から遠ざかり野菜果物などの防御要因の知識を持って少しでもがんから遠ざかるような日常生活を送るように心がけなければなりません。人の細胞に存在する遺伝子は放射線や紫外線、ウイルス感染などにより常に障害を受けています。そしてそのような状態が繰り返されると細胞の中の遺伝子の障害が段階的に進み、最後には性質、姿の異なったがん細胞へ変わって行くのです。
そうして誕生したがん細胞は無制限に増殖して腫瘍の塊を形成します。それらは浸潤、転移する悪性の高い細胞へと変わりながら、がん患者を死に至らしめます。
PR



2008/10/06 20:57 | Comments(0) | TrackBack(0) | がん予防

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<がん発生の環境要因 | 膀胱がんHOME | がん予防>>
忍者ブログ[PR]